HOMEディスクロージャーポリシー
ディスクロージャーポリシー

1.基本方針
当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまに対し、適時・適切かつ公平な情報開示を行います。これらの情報開示とステークホルダーの皆さまと積極的なコミュニケーションを行うことにより企業の透明性を一層高め、ステークホルダーの皆さまとの信頼関係の構築と維持に努めます。

2.開示情報の基準
当社は、金融商品取引法および東京証券取引所が定める適時開示規則などを遵守した情報開示を行います。また。法令や規則に該当しない場合でも、当社への理解を深めて頂くために重要あるいは有益であると考えられる情報については、積極的かつ公平に開示します。

3.開示情報の方法
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)に公開し、その情報は、原則として当社ホームページに速やかに掲載いたします。また、適時開示規則に該当しない情報についても、当社を理解いただくために重要あるいは有益であると判断した情報については、当社ホームページに掲載いたします。

4.業績予想と将来の見通しについて
当社が開示している現在の計画、見通し、戦略などにつきましては、発表した時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が判断した見通しであり、リスクや不確実性を含んでおります。従いまして、実際の業績はさまざまな要因によりこれらの業績見通しとは大きく異なる結果となる可能性があることをご承知おきください。

5.沈黙期間
当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために、決算発表までの数週間を沈黙期間とさせていただくことがあります。この期間中は決算に関するコメントや質問などに対する回答は控えさせていただきます。ただし、この期間中に適時開示に該当する事実が発生した場合は適時開示規則に従い公表いたします。

以上