IoTを活用した遠隔監視システム

service sub img

現場に於ける各設備のデータ取得、遠隔監視、データ分析を可能とするIoTシステム

現場の各箇所に設置している設備データを集中化させ一箇所でリモート監視します。
スモールスタートによる効果を確認の上、必要に応じてシステムを拡張させることが可能です。
既存のアナログ機器や異なるメーカーの設備、センサー、PLCデータ等も取り込み可能です。
解析ソフトウェアを無償で提供いたします。

特徴/機能

【データ記録】


  1. デバイス、カメラ、イベント、設備のあらゆるデータを自動記録
  2. トラブル発生時の設備データを時系列で記録
  3. サイクル記録が可能

【監視・再生】


  1. トラブル発生時からさかのぼって記録した各種データを連動再生(リプレイ機能)
  2. トラブル時の設備状態を再現
  3. 現場で再現できるため、誰でも即座にトラブル対応可能

【データ分析】


  1. ラダープログラムを解析し関連デバイスのツリー化(リレーションマッピング)
  2. 関連するラダープログラムの自動抽出
  3. 運転記録を波形で確認及び比較、高速フーリエ変換(FFT)による周波数分析
  4. 既存設備の制御信号や動作状況を取り込むことで精度向上が可能

導入メリット

  1. スモールスタート及びスモールスタート後のシステム拡張が可能
  2. 分かりやすいシステム構成、容易な導入作業
  3. オールインワンパッケージ(①アナログ/デジタル変換 ②センシング ③画像撮影で現場監視)
  4. 古いアナログ機器のIoT化が可能
  5. 既存のアナログ機器や異なるメーカーの設備、センサー、PLCデータ等を取り込み可能
  6. トラブル発生時のスピーディーな対応によるダウンタイム低減
  7. NCマシンなどの稼働状況をリアルタイムでリモート監視、予兆監視による設備保全
  8. 巡回業務などの低減

性能

あらゆる現場状況に合わせてシステム構成をスモールスタートから自由にアレンジすることが可能で、必要な性能のみをシステムに持たせることができます。


【アナログ/デジタル変換】


  1. 古いアナログ機器のデータをデジタル化する技術。カメラと画面認識ソフトウェアにより実現。

【センシング】


  1. センサーによる振動、湿温度などのデータ取得。

【ドライブレコーダー】


  1. システムにドライブレコーダー機能を持たせ設備及び現場全体の画像撮影。
  2. 画像データを他のデータ(設備、センサー等)と連携し再生することが可能。


仕様

システム構成図は現場状況に合わせてアレンジ可能。
添付資料の構成案をご参照ください。

カタログ(標準版)カタログ(スモールスタート版)

使用方法/使用用途

本システムは製造工場、発電所、変電所などのあらゆる現場の設備のデータを収集、監視、分析する必要がある場合に使用できます。


概要図

IoTを活用した監視システム

説明動画

1.アナログメーター


2.デジタルメーター


3.ランプ設定



お問い合わせ先

電力流通システム部
TEL:045-474-2206

お問い合わせ